大卒でタクシードライバーとして就職する人が増えていることに驚く

タクシードライバーは転職する場合の仕事というイメージが強かったです。しかし、今は就職先の1つとして候補に上がるという事実を知って驚いています。それも、大卒で就職する人が多くなっているので、良い変化が起こっているように感じています。

大卒で就職した場合、タクシードライバーとしての基礎を身に付けられるだけではなく、運行管理や経理や総務といった事務など、色々な仕事を経験して徐々にステップアップし、いずれは役職者になれるチャンスがあります。

役職者になった実績があれば様々な業務に対応できるので、他の会社へ転職する場合にアピールポイントが多くなります。特に、タクシードライバーとして経験を積んでいるため、同業他社への転職は難しくないように考えています。タクシードライバーは魅力的な仕事なので、今後就職先としてさらに人気が高まっていくでしょう。

出会いに合コンを利用しよう

男女が出会う場所として、一番多いのは合コンではないでしょうか。その時、合コンをしてもいい人に出会うことがなかったと思うこともあるでしょう。また合コンをする自信がないと思って、今まで一回も参加をしたことがないという人もいると感じます。その人は、とてももったいないことをしていることになるのです。ここでは、合コンを出会いの場所としてオススメします。

・出来るだけ誘われたら出席しよう
合コンは、誰かがセッティングしてくれるのでとても楽ですね。その時、度々出席するのでいいかと思うことも。また出会いが多分ないと思って、諦めていることがありませんか?しかし諦めるのは、とてもいけないことなのです。それは、なんといってもどんな人が現れるのかわからないからです。自分が一目惚れするような異性と会えるかもしれません。

・多く参加するとコツがわかる
多くするほど、男性も女性も相手の好みに合わせるようになれます。

プログラミングのスクールに通うことにしました

最近youtubeで転職サイトのCMを見ることが多くなってきた気がする。私の周りでも直近で転職した人は数人いるが、その人たちに共通しているのがIT関連の会社に転職したということだ。しかも前職はまったくITとは関係ない業界で働いていたのにである。話を聞いてみると、転職前からプログラミングを学べるスクールに通って準備していたそう。今や学校教育でもプログラミングの必要性が訴えられており、私も勉強してみたいと思うようになってきた。

調べてみると月1万円程度で通えるスクールが近所にあった。しかも22時までやっているので、仕事帰りでも十分に通える。今すぐ転職を考えているわけではないが、一般教養として、また今後の保険としてはじめてみようかと思う。ただ私はかなりの飽き性なので、途中離脱してしまいそうで怖い。目標がないと頓挫してしまいそうなので、当面は「自分でサイトを立ち上げる」ことを目標に頑張ってみようと思う。

30を超えたので婚活・恋活をしてみる?

もう30代にもなると同年代は結婚していますし、早く子供を作った人は子供が中学生になっていたりします。
そういうのを見るとやはり焦る気持ちが湧いてきて婚活をした方が良いのだろうかと思うようになるのでした。
でもいきなり婚活というのは私には敷居が高く、結婚するためだけの活動というのはなんだか味気なく感じます。
その前に一段はさみたいと思っていたら、恋活という言葉を知りました。

恋活とは早い話しが婚活の結婚しないバージョンで、私は長い間恋愛沙汰から離れていたのでまずは恋活から入って精神的なリハビリをしたいと思います。
検索してみたら恋活パーティの男性の参加費は5000円くらいが相場のようで割ととっつきやすくて良いです。
しかし色々記事を見るとやはり医者などの高級&安定した職業が人気のようでフリーランスの私は少し気後れするのでした。
でも一度やってみてから次どうしようか考えてみることにします。

相席居酒屋や立ち飲みバー

相席居酒屋や立ち飲みバーが流行っているらしいですね。合コンもツテが尽きてしまった場合、一つの出会いの手立てとして、アリなのかもしれませんね。ネット上でチャットしたり、プロフィール登録して紹介してもらったりするより、時間や期間がかからず良さそう。第一印象の良し悪しですぐに恋愛対象か否かを判断出来るのが効率よく運命の人を探したい人にはうってつけかもしれませんね。

ただし、直接会うからこそ、きちんと相手を見極める力も必要ですよね。お酒に弱かったり、判断力のない方は行かないべき。どんなお店か知らない所へは、まずは仲のいい友達連れでグループで飲みに行くのが安心そうですね。運命の出会いはどこにあるのか。

バーなのか、SNSなのか相談所なのか。どんな出会い方でもサクラにだけはひっかからないよう用心です。楽しく飲んで、気兼ねなく話せる相手が見つかるとハッピーですね。

チャットやアプリで出会い結婚

SNS(ソーシャルネットワーク)でよく使われているアプリといえばフェイスブック、インスタグラム、ツイッターだろうか。

私もよくインスタグラムを使うが、最近#インターナショナルカップルというハッシュタグから、面白いカップルを見つけた。彼らは20代の可愛らしいカップルなのだが、ひときわ目につくビジュアルなのだ。なぜなら男性は日本人男子、女性はウクライナ人のカップル。インスタグラムを遡って彼らのポストを見てみると、彼らはなんとインスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)で会話を始め、出会い、2年間の電話と会話を重ねて、2回目のデートで結婚をしたということだった。

現在はビザの関係からか、まだ2人で暮らしてはいないらしい。それにしてもSNSの普及により「出会い」は今ワールドワイドなんだなと痛感した。まだ20代のふたりだが、ぜひ応援したい。日に日にフォロワーも増え現在6000人以上のフォロワーを集めている。いずれ彼らをメディアでみる機会が出てくるかもしれないとワクワクしている。