出会い系アプリは人に会うツールの一つ

わたしには付き合って1年半の彼氏がいる。
これまで付き合ってきたなかで一番、一緒に居て素でいられるような居心地のいい関係ができている。
いずれは結婚も…と考えている。
実は、彼とは出会い系アプリで出会った
それまでは出会い系なんていかがわしいもの、危ないものとしか思えなかったのだが、ひょんなことからアプリをダウンロードしたのだった。
それは大学3年の就活真っ最中のころだった。
わたしは社会人の人脈が欲しくてOB訪問アプリや就活相談アプリなどを使用していた。
そのため、知らない人に会うことに抵抗はなくなっていた。
むしろ、いろんな人に会っていろんな話を聞くのが面白く、なんとなく面白い人探しという感じで出会い系アプリもダウンロードしたのだった。
プロフィールには自分の性格や趣味、相手への要望などを詳しく書き、心理学など学術的なデータから算出したマッチング率が高い人を選んでやりとりをした。
プロフィールでよさそうな人と何人かやりとりをして、LINEも交換していたが、その中で初対面から話が合う人に出会った。
そして、後日会うことになった。
初対面なのになんだか昔から知っているかのような感覚で、気づいたら付き合っていた。
そのあと気になることと言えば、周りへの紹介の仕方だろう。
最初の頃は、今の彼氏との出会いを公表しづらかった。
一般的に学校や職場で出会って付き合うことが普通に見える。わたしの両親はお見合い結婚だったし、友人も知り合いを通じて恋人ができている。
でも、結局うまくいかない人だっている。
最近は周りでも出会い系で結婚したという人もいて、幸せそうだ。
出会い方はあまり関係なく、大切なのはその人とどう付き合っていくかということだ。
出会い系アプリは人と出会うツールの一つでしかないので、胸を張って紹介していきたいと思った。

男女の出会いとは一体どのようなものなのか?

男女の出会いは永遠のテーマです。なぜなら男女が出会わなければ恋が生まれず、恋が生まれなければ結婚もなく、出産もないので子孫繁栄が途絶えます(入籍せずに出産というパターンもあるにはありますが)。男女の出会いは一般的には偶然だという人と必然だという人がいますが、私は必然ではないかと思います。

それは、もともと地球上の男女はそれぞれ心の内側にメッセージを持っていて、そのメッセージに引き合う異性を自然と探しているのではないかと私は思うのです。そのため、どう考えても偶然出会ったとしか考えられない奇跡と思われるような出会いでも、会うべくしてあった、そこで出会うことは、元々、始めから決まっていたのではないかと。

なので、反対に言えば、どんなに頑張って理想の人と出会いたくても、努力ではどうにもならないことがあるのだと思います。出会いとはそのようなものではないでしょうか。

30を超えたので婚活・恋活をしてみる?

もう30代にもなると同年代は結婚していますし、早く子供を作った人は子供が中学生になっていたりします。
そういうのを見るとやはり焦る気持ちが湧いてきて婚活をした方が良いのだろうかと思うようになるのでした。
でもいきなり婚活というのは私には敷居が高く、結婚するためだけの活動というのはなんだか味気なく感じます。
その前に一段はさみたいと思っていたら、恋活という言葉を知りました。

恋活とは早い話しが婚活の結婚しないバージョンで、私は長い間恋愛沙汰から離れていたのでまずは恋活から入って精神的なリハビリをしたいと思います。
検索してみたら恋活パーティの男性の参加費は5000円くらいが相場のようで割ととっつきやすくて良いです。
しかし色々記事を見るとやはり医者などの高級&安定した職業が人気のようでフリーランスの私は少し気後れするのでした。
でも一度やってみてから次どうしようか考えてみることにします。

若い世代の婚活状況について

私は20代後半の一般男性会社員です。最近、出逢い方がかなり様変わりしてきたなと感じる出来事がありました。
良くある話ですが、営業所内で最近の恋愛事情を話しているときに、「アプリで出会ったんですよー」というキーワードを耳にしました。
話を聞くと、月額制の婚活アプリでご飯を食べに行って付き合えたということでした。

6、7年前は、アプリとかネットは出会い系サイトが凄い変な雰囲気で扱われており、肉体関係を持ちたい人がするようなイメージを少なからず持っている人は多いのではないかと思います。

実際、私は以前流行していたmixi、モバゲーなどでお付き合いをした経験があります。その時も回りには凄く勇気があるよねー。変な人に引っ掛からないでねー。などと言われました。

今は、スマホで何でもできる時代になってきたからこそ、普及したシステムだと思います。ネットだから、強くなったり、嘘をついたりのではなく、対面で話をする感覚を忘れなければ出会いを探すことは有効な手段だと思いました。

相席居酒屋や立ち飲みバー

相席居酒屋や立ち飲みバーが流行っているらしいですね。合コンもツテが尽きてしまった場合、一つの出会いの手立てとして、アリなのかもしれませんね。ネット上でチャットしたり、プロフィール登録して紹介してもらったりするより、時間や期間がかからず良さそう。第一印象の良し悪しですぐに恋愛対象か否かを判断出来るのが効率よく運命の人を探したい人にはうってつけかもしれませんね。

ただし、直接会うからこそ、きちんと相手を見極める力も必要ですよね。お酒に弱かったり、判断力のない方は行かないべき。どんなお店か知らない所へは、まずは仲のいい友達連れでグループで飲みに行くのが安心そうですね。運命の出会いはどこにあるのか。

バーなのか、SNSなのか相談所なのか。どんな出会い方でもサクラにだけはひっかからないよう用心です。楽しく飲んで、気兼ねなく話せる相手が見つかるとハッピーですね。

彼女と出会ったきっかけ

この年で結婚なんて、とずっと思っていました。婚活しても間に合わないし、そもそも中高年なんて対象外ではないかと思っていたのです。
しかしまじめにやってみろと友人に言われ、地元の婚活パーティに参加することになりました。嫌だと言ったのですが友人に押し切られ、当日はしぶしぶ会場に向かったのを覚えています。
しかし行ってみると意外と同じような年の人間が多く、女の子達と話をするのはもちろんでしたが気の合う友人が増える結果ともなりました。
その時は駄目でしたが3回目に婚活パーティに行った時に、ある女性から申し込みがありました。楽しそうで話をしてみたいと思ったと言われ、有頂天になりました。
思ったよりもはっきりとものを言うタイプで、自分のこともズバズバ言われましたが、自分には合っていたようです。
明日の休みは彼女と花見に行く予定です。頑張ります。

マニアックな趣味でも出会い系アプリのプロフィールなら堂々アピールを

他人からは中々理解され難いマニアックな趣味やオタク系の趣味。
親しい人でさえカミングアウトするのも憚られるケースが多いのですが、一方パートナー探しのツールとして手軽に使える出会い系アプリなら、逆にそれらの趣味を堂々と公表し、同じ趣味を持つ異性との出会いを簡単に果たす事が出来るのです。
オヤジ臭い趣味の代表例でもある野鳥観察や園芸を趣味に持っていた私でしたが、PCが間に入ってくれる出会い系アプリならプロフィールにも楽に記入が出来有難かったもの。
またマッチングの結果、意外と多くの女性と趣味や話題が共通している事が分かり、独りよがりな物の見方がいかに危険であるかを思い知らされる事となりました。
相手も皆、周囲の反応が気になり中々公言出来なかったというのが真相。コンピューターによるマッチングで顔合わせすれば、たちどころに話題に花が咲き、盛り上がるのです。