プロ意識と誇りをもって

ハイヤーの運転手になるというのは、タクシーの運転手以上に品格が求められます。お客様を目的地まで安全にお乗せするという点ではタクシーと同じですが、ハイヤーは完全予約制のシステムをとり、格式が重んじられ、車も高級であり、きめ細かいサービスが提供されます。お乗せするお客様もVIPクラスの方が少なくありません。そのため接客という点ではホテルマンに近く、ハイヤーの運転手は常に誇りを持って仕事をしています。また外国人をお乗せすることも多いので、語学力が問われることもあります。ただ目的地まで人を運ぶことなら誰でもできます。しかし、どのように運ぶのか、その一つひとつの過程をも意識しているのが、ハイヤーなのです。このようなハイヤーの特徴を見ていくと、少し敷居が高そうな感じがするかもしれませんが、しかし同時にプロ意識があって遣り甲斐のある仕事と言えます。