親孝行したい時には親はなしとは言うけれど

先日テレビを見てたらまだ若い新社会人であろうと思われる男性が「親孝行したいです」とか「親に感謝したい」「もっと連絡したいと思います」なんて語っていたんです。
私もまだ若い頃は「親孝行しなくちゃ」と妙に焦った時期もあったなぁ。
母の日、父の日、誕生日には必ずプレゼントを贈ったり、温泉旅行に連れて行ってみたりしました。
けどね、最近になって「親孝行とはなんだろう?」と考えるきっかけの出来事があったんです。
母は弟夫婦には干渉しないタイプの人です。
もう、高齢になった母が願うことは家族が元気で仲良く過ごしていること。
という本音を知りました。
「親よりも先に死ぬのは一番の親不孝」とも言っていた母なので、物が欲しいとか花が欲しいではなかった事に気づけたんです。
それからは、なにかと言うと家族で旅行したり食事をしたりと家族の思い出作りをしているところです。
行く場所も遠くでなくてもとても楽しそうな笑顔をしているのを見るとこちらまで嬉しくなってしまいます。